読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社ファミリーカーショップ  インターン生のブログ

岐阜県可児市に本社がある、自動車販売店で長期インターン中の大学生によるブログ。社内の様子など綴ります。

ファミリーグローバルスタッフ

こんにちは!インターン生の大河内です!

 

今回は、テシャスミット テシャピットさん(通称:テーさん)のご紹介をしたいと思います!

ご紹介したいと思ったきっかけは、私は今、大学3年生で、もうすぐ就活が始まります。そして、自分の将来の会社を探す上で、一緒に働いていて、なぜ日本の、岐阜の、この会社で働いているのか気になったので、質問をしてみました!

 

テーさんは、入社2年目の現在26歳です。いつもニコニコしています^^♡

まずは、テーさんの歩んできた人生から伺いました。

 

テーさんはタイで生まれ、中学3年生までタイで過ごしました。

高校1年生の間は、アメリカで留学。その後、高校を転校し、カナダで2年生、3年生を過ごし、卒業。

日本に来たのは18歳の時です。

中日本自動車短期大学に入学して、2年間日本語を勉強し、整備士の勉強を3年間した後、卒業。

その後、会社説明会で、ファミリーカーショップと出会い、会社見学に訪れ、大学の先輩もたくさんいたし、会社のビデオを見て、安心感を感じたので、ファミリーカーショップで働くことを決めたそうです。

 

そんなテーさんにこんな質問をしてみました。

Q:なぜ、日本を選んだのか。

自動車に関する技術は、日本がトップだから、日本で大好きな自動車について学びたかった。

 

Q:16歳で母国を出たとき、言葉の壁など、怖いと感じなかったのか

昔は飛行機のパイロットになりたいと思っていて、パイロットはいろいろなトラブルに自分で対処しないとなれないので、むしろ困る体験をしてみたかった。

 

Q:就職するとき、母国に戻りたいと思わなかったのか。

すごく悩んだけど、日本の会社で働く経験をしてみたいと思った。日本に残って、技術を上げたいと思った。自分は日本人ではないから、嫌がられるか不安な部分もあったけど、みんなご飯に誘ってくれたり、とても優しかったので、ファミリーカーショップを選んでよかったと思う。

 

Q:親の反対はなかったのか

姉2人がどんどん世界各国に行っていたので、反対は全くなかった。行った方がいいと言ってくれた。

 

インタビューをしていて、こんな人生の歩み方もあるのだなとすごく感じました。

私は、言葉の壁に立ち向かうのはすごくすごく怖いと感じてしまうので、テーさんの人生を聞いて、とても驚いたし、私の何十倍も行動力があって、すごく尊敬したし、かっこいいと思いました。

もっと、社会人の世界だけでなく、いろいろな世界も面白いなと思ったので、私も怖がらず、動いていきたいと思います!

 

テーさんです!会ったらぜひお話してみてください^^日本語ペラペラです!

f:id:fcssaiyou:20161128153909j:plain